介護福祉士の働き方

kaigo-hukushishi03
時代の変化とともに、介護福祉士の活躍の場が非常に広がっています。
介護という垣根を越えて、アドバイスや相談などコミュニケーション分野にまで、業務領域が拡大しています。
ニーズが多様化している現代で、介護福祉士の専門性やその他の知識が求められるようになってきました。
このように、介護福祉士としての役割も変わってきている中で、働き方について見ていきましょう。

介護福祉士の活躍の場

介護福祉士のサービス領域として「居宅サービス」「施設サービス」「地域密着サービス」が存在します。
居宅サービスでは、在宅という形で介護サービスを行います。
また、デイサービスも居宅サービスに含まれるため、デイサービスの介護職員も介護福祉士が活躍する場の一つでもあります。
施設サービスでは、「特別養護老人ホーム」「老人保健施設」などの施設で介護サービスを実施することです。
地域密着サービスには「グループホーム」が存在します。主に認知症の方を対象にしています。
このように、介護福祉士として活躍する場は多岐に渡っており、多方面から介護福祉士が信頼され、頼りにされていることがわかります。

海外での活躍の場

介護福祉士として海外で働くには、日本で介護の仕事を探すのとは大きく異なります。
介護福祉士はコミュニケーションが非常に大切な仕事なので、言葉の壁というのは大きいものです。しかし、先進国の多くは高齢化が進み、介護業界は常に人材不足です。
いくつかの国では、介護労働者を積極的に受け入れる施策が施されていますが、介護福祉士の資格をそのまま使えるというわけではありません。
まだまだ海外で介護福祉士として活躍することは難しいかもしれませんが、必要とされているのは確かです。
そのため、活躍の場を日本国内以外を見ても良い時代かもしれません。

まとめ

介護福祉士の活躍の場は非常に多岐に渡っており、求められることも多くなっています。
そのため、介護福祉士は常に多くのことを学び、時代についていかなければなりません。
また、海外にも活躍の場が広がって行くかもしれません。
言語の壁が大きいかもしれませんが、日本以外でも介護人材が不足しているのです。
これまでの、固定概念に捉われず自由度の高い仕事の一つとも言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする