介護福祉士の仕事

pic_main_310
介護福祉士という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、実際どのようなことをしているのか理解しきれいていない方も多いと思います。
今回は、なかなか見えてこない介護福祉士の仕事について迫っていきたいと思います。

仕事内容

介護福祉士の主な仕事は、日常生活が難しい方や精神に障害を抱えている方に対して、食事や排泄などの身体介護のお手伝いをすることです。
さらに、身体介護のみならず介護者のご家族に対して、相談にのったりアドバイスをする役割も担っています。
そのため、介護福祉士の仕事は介護だけをする職種ではありません。
さまざまなニーズが多様化しているため、介護福祉士としての専門性を求められるようになってきています。
現在の介護福祉士に求められる仕事としては大きく4つに分けられます。
・身体介護
・生活援助
・相談・助言
・社会活動支援
介護という仕事を超え、人を支えること全般を担っていることがわかります。

仕事の魅力

時代の変化とともに、介護福祉士の地位や給与水準を上げるような施策を取られ始め、今では介護福祉士の資格を取得すると、失業に困らず働き続けることができます。
そのくらい介護業界が成長し、需要が高まっているということでもあります。
活躍する場も広がっており、今や介護福祉士はなくてはならない存在となっています。
社会貢献度の非常に高い職業として、社会福祉士は信頼される国家資格として認識されてきています。
介護福祉士の仕事には、学歴や性別、年齢のハンデがなく、資格さえ取得すればいつでもできる仕事でもあります。
しかし、それだけ大変でもありやりがいのある仕事となります。
介護福祉士は、多くの方と出会い専門職として日々学ばなければなりません。
そのため、自分自身を常に磨くことがで、大きく成長できることがこの仕事の魅力とも言えます。

まとめ

介護福祉士は、身体介護の他にもアドバイスや相談になったりする役割を担っています。
その上、利用者のニーズも多様化しているので、専門性を高めなくてはならない職業となっていまうす。
しかし、それだけ介護業界の需要が高まり、介護福祉士という資格が多くの方に信頼される職業となってきています。
多くの方に信頼される分、非常に大変な仕事でもありますがやりがいや誇りを持てるものでもあります。
これから、どんどんと需要が高まっていく仕事なので、介護福祉士はなくてはならない存在へと成長していくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする