介護福祉士としてのこれから

pixta_6308998_L
介護福祉業界はこれからどうなっていくのでしょうか。
なかなか実態を把握することは難しいかもしれませんが、今回は介護福祉士という仕事、介護業界全体から、介護福祉士という仕事のこれからについて見ていきたいと思います。

介護福祉士の現状

介護福祉士の国家資格が誕生してから、25年以上経ちました。
この間に、日本の環境も大きく変化し、少子高齢化が進んで生涯独身率も高まっています。
2000年には、介護保険制度が誕生し、非常にたくさんの民間業者が介護業界に<参入し、介護サービスを提供するようになっています。
介護需要が高まって行く中で、介護福祉士は非常に注目を集める仕事の一つです。

介護福祉士の展望

最近では「看護」と「介護」の仕事内容が近似していることから、介護福祉士の教育内容を見直す動きがあり、介護福祉士養成学校のカリキュラム編成が行われています。
新カリキュラムでは、実習時間が大幅に増え、現場で即戦力として活躍できるように、知識や技術を身につけることができます。
カリキュラム変更により、介護福祉士は専門性を高めることができ、介護系の上位資格として位置付けられるようになりました。
つまり、それだけ介護福祉士の需要が高まっているということでもあります。
利用者のニーズも多様化し、介護福祉士の高い質が求められるようになっていくでしょう。

まとめ

介護福祉士という仕事は、これからもっと需要が高まっていく仕事です。
介護サービスがこれからもっと必要さとれていく社会ですが、人材がまだまだ不足しています。
また、利用者のニーズが多様化しているので、介護福祉士の専門性が求められます。
そのため、介護福祉士は非常に需要の高い仕事でもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする