認定介護福祉士とは、どのような存在

iraeqb9r07eq16c5338lkxvm

認定介護福祉士とは

居住・施設系サービスを問わず、様々な利用者、生活環境等に対応して、より質の高い介護実践やサービスマネジメント、介護と医療の連携強化、地域包括ケア等に対応するための考え方や技術等を修得した介護福祉士です。
簡単にいうと認定介護福祉士とは、介護福祉士の次のキャリアパスにあたります。

認定介護福祉士になるためには

認定介護福祉士になるためには、「認定介護福祉士養成研修」を受講する必要があります。しかし、研修の受講資格として、介護福祉士としての実務経験5年以上、「研修受講+レポート提出・試験」等を行う必要があります。その他にも、細かい条項条件があるので、「一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構」で確認するようにしましょう。

役割

認定介護福祉士の役割として、これまでの経験と習得した知識を活用し、利用者、職場、地域などの幅広く「かかわる」「支援する」使命を担っています。

専門介護福祉士との違い

専門介護福祉士とは、認定介護福祉士のさらに上のキャリアステップに位置付けされています。
幅広く関わる介護福祉士に対して、専門介護福祉士は専門の分野をより深く極めていく介護福祉士です。

まとめ

介護福祉士になったらそこでゴールではなく、さらなるキャリアスッテプが用意されています。そのため、自分のやりたいことや極めたい分野を、介護の中で探し求めていくことが大切になってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする